2008年09月14日

イタリア GP 決勝 -New Hero !-



ヴェッテル初ポールからの初優勝!

前回に引き続き雨がらみのレースになりましたが、雨の中の予選で速さを見せたヴェッテルがまさかの初ポール!決勝もスタートからウェットレースで、ヴェッテルは危なげなくポールトゥウィン!

まさかこんなに早く勝つとは、、、おそるべし、ヴェッテル。彼の才能は誰もが認めるところですが、見事千載一遇のチャンスをものにしました。

にしても、モンツァでフェラーリ以外のチームでイタリア国家を聞くのも良いモンですね。トロロッソも当然これが初優勝。ベルガーが表彰台に上がるのもスゲー久しぶり。

これでチャンピオンシップはマッサとハミルトンの差はほぼナシ。キミは残念な感じでしたが、契約更新したし、最後にファステストラップを出して意地を見せました。

次はいよいよシンガポール、初のナイトレース!どうなることやら、、、フリー走行から目が離せなそうです。

posted by TOSSY at 15:27 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界最高のスポーツ F1

2008年09月07日

ベルギーGP決勝



もうなんだかなぁ、、、今度こそキミの良いところが観れると思ってたのに、、、というか途中まで観れてたのに、、、

予選では相変わらず不調のキミでしたが、決勝はスタートして早々ハミルトンに襲い掛かり、こともなげにオーバーテイク。その後は十分なマージンを築いたのでそのまま何とかなると思ったんですが、、、

終盤、固めのタイヤに履き替えたキミはタイムが上がらず、ハミルトンが1秒後方まで迫ったところで突如モニターに20分以内に降雨の可能性ありとの予報。これがなんとラスト数周で的中。最終コーナーでハミルトンが仕掛けるもシケインをショートカット。続くホームストレートでハミルトンは一瞬キミに譲ったものの、すかさず1コーナーで「怪しい」オーバーテイク。

ラスト2周目は土砂降りでまともに走れない状態に。ハミルトンとキミはお互いにスピン。キミは再度足をすくわれコンクリートウォールの餌食に、、、

直ぐ後方を走るマッサもなすすべも無く、ハミルトンがそのまま優勝、、、かと思いきや、キミに対するオーバーテイクが審議対象となり、結果3位降着。最終的にはマッサ優勝、ハイドフェルド2位。

ハミルトンは最終コーナーでショートカットして得たアドバンテージをきちんとキミに返さなかったと判定されたんでしょう。

スパウェザーといえばソレまでですが、キミのリタイヤは痛い。痛すぎる。今シーズンのチャンピオンシップはもはや風前の灯火。なんか去年の富士を思い出したくなるレースでした。せっかく「スパ・マイスター」らしいところを見せてくれてたのに、、、スパウェザーが憎い。ハミルトンが降着したのが不幸中の幸いというところでしょうか。美味しかったのはマッサだけですケド。

このリタイヤの仕方は叩かれるだろうなぁ。この前のレースでもピットでミスってるし。キミはやる気なくさないと良いけど、、、次はフェラーリのおひざ元モンツァなので、今度こそ良いところを見せてもらいたいもんです。

今日はシーホークスもコテンパンにやられちゃうし、なんだか厄日みたい。

そういえば、再来週琢磨がトロロッソでテストするそうな。噂では来年トロロッソがホンダにスイッチして琢磨レギュラーとの噂も。ホンダはどうでも良いですケド、トロロッソっていうのは結構面白いかも。とりあえずテストが上手く行きます様に。

posted by TOSSY at 23:53 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界最高のスポーツ F1

2008年09月02日

サンフランシスコに行ってきた

先々週、出張でサンフランシスコに行ってきました。本来は暖かいはずなのに、シアトルとあまり変わらないくらい寒いサンフランでした。

仕事の合間を縫って市内観光に。サンフランシスコといえばコレ、という感じのケーブルカーに乗りました。ハコ乗りもOKで、こんなの日本では認可されんだろうなぁと思ってしまいます。実際かなり危ない。路駐の車に当たりそうだし、ケーブルカーと自動車の衝突事故もしょっちゅうあるそうな。さすがアメリカ。
サンフランシスコは映画でも良く観るとおり、坂が多く勾配が急なので、歩ける距離でも徒歩は結構つらいです。バスとかケーブルカー等が縦横無尽に走っているので、使わない手はないです。

      

お次はゴールデンゲートブリッジ。長い。赤い。歩いても渡れる微妙な距離(2.5KMくらい?)ですが、一本目の橋脚のところまで歩きました。橋の上からはダウンタウンや刑務所で有名なアルカトラズ島が一望できます。太平洋もだだっ広く見えます。橋の上は太平洋方向からの風がメチャクチャ強いです。橋脚についたら、特別なツアー客なのか、橋脚内のエレベーターに乗り込む人が。なんでも上まで行けるそうな。上って、、、この風のなか高いトコに行くのってどうよ。

      

アルカトラズ島も行ってきました。この時期は事前にチケットを取っておかないと行けないくらい人気のスポットでした。つーかチケット買って観にいく観光スポットって、サンフランシスコでもアルカトラズくらいな気がする、、、シアトルと同じく、意外と観光スポットがないんですよね。
島まではフェリーで15分くらい。フェリーも風がメッチャ強くて、正面向いてると息ができないくらい。島に着くと簡単な説明を聞いて後は自由。島を登っていくと刑務所が見えてきます。島は海鳥だらけになっていいて、異様な雰囲気です。しかも風が強くてメッチャ寒い。
刑務所に入ると音声ガイド用の機械を貸してくれて、ガイダンスにしたがって所内を見学できます。日本語も選べます。この音声ガイドがヘンに芝居がかって面白いw。途中、説明が適当すぎてまかれそうになったりします。他国の人も右往左往してたので、恐らく他言語でも同じなんでしょうw
刑務所内は雰囲気たっぷりでした。きっと映画でも何ども出てきているところなので、なんとなく見覚えがあったり。こんなところに収監されたらたまりませんな。ここから脱走した人がいるっていうんだから凄い。脱走兵が穴を掘るのに使ったスプーンとフォークとか、いろんなお土産が売ってました。

      

サンフランの後はサンノゼでミーティングがあったので、車で南下。サンノゼ周辺はいわゆるシリコンバレーで、世界中のIT関連会社が軒を連ねています。Googleの本社もこの辺り。市内にはコンピューターミュージアムというのがあって、薦められたので見学してきました。
なんてことはない、こじんまりとした博物館ですが、置いてあるものがハンパない。Googleで当初検索に使われてたサーバとか、Appleの初期のPCとか、そうは簡単に手に入らないであろう展示品がゴロゴロ。大学の教科書に書いてあったなー、みたいな機械や人の名前もちらほら。
よく3Dグラフィックのモデリングのサンプルとして使われるティーポットなんかも、片隅にポツンとおいてあったり。ちなみにこのティーポット、お土産で売ってました。

      

サンノゼ周辺にはスタンフォード大学もあります。此方もぶらっと観てきました。
これが圧巻でした。もう馬鹿なんじゃないのってくらい広いキャンパス。建物とか意味わかんないくらいデッカイし超キレイ。ここハワイ?っていうような街道がキャンパス内にあったり。日本の大学が馬鹿馬鹿しく見えてきて、なんかちょっとムカついたw

      

最終日は、サンノゼへの移動でレンタカーを借りていたので、子一時間車を飛ばしてナパバレーに行ってきました。世界的に有名なワイナリーだそうで。自分はワイン飲みませんけどね。Windows XP の壁紙になっている緑の平原って、ナパバレーのワイナリーの写真らしく、一度見ておきたいなぁと思った次第です。
ナパに近づくと、なるほど XP の背景に見えんこともない、というような風景がそこかしこにあります。もう一面ミドリ一色。そこら中ワイナリーだらけです。各ワイナリーの建物が無意味に豪華賢覧で、どこの国に居るのか分からない感じになります。やや内陸のせいか、ポカポカ良い天気で、仕事なんか忘れてノンビリしたくなるようなところでした。きっと地中海ってこんな感じなんだろうなぁ。

      

出張中は幾つか美味しいお食事も頂きました。サンフランは海沿いということもあり、海産物が豊富みたい。特にカニがおいしかったなぁ。1杯まるごとなので、これだけでもお腹一杯。



Pier39で食べた下のクラムチャウダーも安くて美味しかった。でっかいパンをくりぬいて入れ物にしてあります。



次の出張予定は11月のLAでっす。LA微妙なんだよナァ、、、正直サンフランシスコも、今回の出張でもうお腹一杯な感じですw
posted by TOSSY at 00:02 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界最高のスポーツ F1

2008年08月27日

初開催 バレンシア市街地コース



今回初開催となったヴァレンシア市街地コースでのヨーロッパGPですが、コースは以外にストリートっぽくなく、コースも街中を走らないので思いのほか普通のサーキットっぽい感じでした。ロングビーチとかに近い感じがした。

レース内容もイマイチ見所なく終わっちゃいました。キミはエンジンブローするし、、、前回のマッサと同じロットのエンジンだったんだろうか。

地元アロンソも一貴に当てられてオープニングラップで消滅。観客呆然。結局上位陣はキミ以外は安泰でそのままゴールという展開に。

うーん、期待してたGPだけにちょっとあっけなさすぎな印象。コースは市街地から近いし、完全フラットなので観戦には良いのかも。観光もできそうだし。

まぁいいや。次々!いよいよスパですよ!!

posted by TOSSY at 10:14 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界最高のスポーツ F1

2008年08月04日

ハンガリーGP 決勝



例年、抜けない・つまらないコースにもかかわらず、なぜか荒れるハンガリーGPですが、例に漏れず今年も荒れましたねw

レース終盤までは、コース特性の通りツマラン展開。見所といえば、スタート直後の1コーナーでマッサがハミルトンをオーバーテイクした程度。挙句、キミは7番手まで順位を落としてしまい、もう見てらんないという状態に、、、

レース終盤、ハミルトンがまさかのフラットタイヤ!申し訳ないがTVの前でガッツポーズw ハミルトン、空気読むようになったな。えらいえらい。

でもこのままだとマッサ優勝でキミとしては喜んでいられない展開。まぁ、スタート時から考えると、望みうる中ではマシなほうか?と思った矢先、まさかx2のマッサエンジンブロー!!

あれ?コヴァ1位じゃね?まさか初優勝?グロックも2位!?でもライコネン追いつけそう!なんて思ってたら、キミにトラブル発生(リヤエンドだったらしい。みょーにバイブレーションしてましたね。トラブルはサス周り?スタビライザーとか?)。そんなに甘くはなかった模様w

まぁ、蓋を空けてみれば上位陣の差が縮まり良い感じになりました。マッサはかわいそうだったけど。コヴァはずっと着いてなかったし、グロックもこないだ大事故に合ったばかりでの初表彰台はウレシイでしょう。今回は不幸系の人が運が良かった感じ?これをきっかけに2人には「覚醒」してもらえるとうれしいかな。こういうのをきっかけに変わる人って時々居ますからね。

それにしても、フェラーリの予選の不振ぷりは大分深刻ですなぁ。決勝ではあんなに速いのに、予選はハッキリと遅い。特に今回のキミの予選は致命傷に成りかねなかったので。次回ヴァレンシアまではつかの間の夏休み突入なので、なんとか改善してもらいたいもんです。

posted by TOSSY at 01:14 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界最高のスポーツ F1

2008年07月20日

ドイツGP 決勝



ハミルトンにやられた、、、

キミは予選の失敗が大きかったナァ。セーフティーカーでも割を食う羽目に(仕方ないけど)。

それにしても、今回のハミルトンはオーバーテイクの際にチョッとダーティ過ぎ。マッサを抜くときなんて、1車幅残す気が見られないどころか、外に押し出す様な動きすらあったし。もうちょっとキレイに抜いてもらいたいもんだ。

あと、コバライネンを抜いたところは完全にチームオーダー。コバはあれでいいんか?そういう契約になってるのかも、、、レース後のインタビューで余計なこと口走って、インタビュアーに突っ込まれたのは笑ったw 良いわけ考えてないなら言わなきゃ良いのに。

にしても、マクラーレンが速かったのも事実。フェラーリの2人に勝ち目なんて無かったし。もう一度引き締めないとフェラーリの2人はハミルトンと戦うのは辛そうだ。

アンジェロは今回良く走ったナァ。運もあるとはいえ、2位表彰台はそれほどまぐれでもない様に写りました。それくらい速かったし。これまで浮き沈みが激しかったけど、これで何かつかんでくれると良いんですが。まずは予選を何とかしないとねw

posted by TOSSY at 22:04 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界最高のスポーツ F1

2008年06月23日

フランスGP決勝 トヨタ久しぶりの表彰台



マッサが今期3勝目。トヨタ久々の表彰台獲得。

キミがポールからスタートして、しばらくは良いパフォーマンスを出してましたが、突然エキゾーストパイプが破断。ボディーワークもダメージを受けて、マッサに譲らざるを得なくなってしまいました、、、。せっかく速かったのに、、、。

とはいえ、今回フェラーリを追うものは無く、跳馬の2人は磐石でしたね。マクラーレンは2人そろって予選降格となったのが響きました。

トヨタは本当に久しぶりの表彰台。マクラーレン勢は自滅、BMWはコースに車が合わず苦戦する中、間隙を突いた形になりました。トゥルーリは特に力強かった。終盤コヴァライネンとクビサに追い掛け回される展開になりましたが、よく抑えきりました。ココは以前、最終ラップの最終コーナーでオーバーテイクされた苦い経験のあるところでしたが、今回はしっかり死守できてよかった。特に今回は直前に亡くなったオベ=アンダーソンの弔うレースだったので、とても印象的でした。

マクラーレンとBMWは良いところ無し。特にBMWは今期最低グリッド。米国のTVのコメンテーター曰く、BMWの車はレスダウンフォース向きらしい。カナダで速かったことを考えると、頷けるかも。挙動もオーバーステア傾向が強そうだし、コースの向き不向きが出やすいのかも。チャンピオン争いはまだ厳しいか。

これでマッサがチャンピオンシップをリード。辛うじてクビサが2位で、キミがトップから5ポイント差の3位。今年のマッサは思いのほか強いので、キミとしては少し嫌な感じだろうなぁ。ハミルトンの2戦連続ノーポイントは痛いですねぇ。今期はミスも目立つし。これも2年目のジンクスでしょうか。

次は2週間後のシルバーストンですね。って、独立記念日の週末か、、、。

posted by TOSSY at 00:13 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界最高のスポーツ F1

2008年06月12日

カナダGP 決勝 クビサ$BMW初優勝!!



あれよあれよと数日が経過しちゃいましたが、ついにというか、やっとというか、クビサが優勝しましたね。BMWとしても初優勝。

開幕戦から、こりゃ今年中に1回くらい勝つナァという雰囲気がぷんぷんしてましたが、こんなに早く、こうもあっさり勝つとは、、、。

レースペースを考えると、キミが走り続けていたら厳しかった可能性もありますが、キミはあえなくハミルトンに撃墜されてしまい、クビサの優勝がゆるぎないものになっちゃいました。まぁ、クビサも速かったし、この結果は悪くないんではないかと。

それにしても、これでクビサがなんとポイントリーダー!!さすがにそこまでは予想してなかったなぁ。面白くなって良いですケドね。キミにはもうちょっと頑張ってほしいかな。

にしても、ハミルトンめ。止まれないと悟ってクビサではなくキミのほうにハンドル切りやがったな!次戦10グリッド降格は厳しいなんて言ってるけど、そうでもないだろー。次、空気読まずに勝ったら呪ってやる、、、

ともあれ、クビサ&BMWはおめでとさんです。

posted by TOSSY at 02:22 | ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | 世界最高のスポーツ F1

2008年05月26日

モナコGP 決勝



予報どおり、決勝は雨でしたね。今年のレギュレーションで雨のモナコは厳しいだろうと予想されていましたが、その通り大荒れのレースになりましたなぁ。久々の2時間レースでした。

フェラーリはどうにもタイムが出ませんでしたねぇ。特にウェットでのキミは全然乗れてない感じだったし。あれはなんでだったんだろう。マッサとはセッティングが違ったのか、、、挙句最後はスーティルに特攻しちゃうし、、、。スーティルは本当に可愛そうでした。実は黄旗で追い越しをしてしまっていたため、果たして入賞できていたかは怪しいですケド。

何れにせよ、ハミルトンには付け入る隙もありませんでしたね。セーフティーカーで最終的にはタイム差は極わずかでしたが、実際の力関係は明らかにマクラーレンが上。ここ数年、フェラーリはこのトラックでは良いところが無いので、しかないと言えばしかたない。

これでチャンピオンシップはハミルトンがリードする形に。まだフェラーリのほうが早いと信じてますが、、、。ここのところ、マッサにも負け続けのキミにとっては、厳しい展開ですねぇ。アロンソが10年からフェラーリなんて話も出てたし、次のカナダではガツンと良いところ見せてもらいたいです。

大荒れの中、一貴はよくやりましたねー。モナコでは日本人最高位じゃないですか!初めての予選であの予選はしょうがないかナァと思ってましたが、決勝は走りながら学んでいるのがタイミングモニターで見て取れました。F1に来てから成長できるかどうかってすごく重要な要素なので、結構今後にも期待できそう。このまま順調に行けば、日本人シーズン最多ポイントも十分可能な感じ。琢磨の時とは明らかに上位陣より車が劣る中で、この結果は立派。順調に育って欲しいナァ。これで来年トヨタが今年よりさらに良い車を作って、一貴がトヨタのレギュラーとか、期待は膨らみますね。

例年はすごく退屈なモナコですが、今年はかなりスペクタクルで楽しかったですね!今後の展開にも目が離せません。ストーブリーグも加熱してきたし。
ITV でピケの不振にからんで、琢磨ウンヌンって言ってたけど、あれはなんの話だったんだろう。気ぃ抜いてて聞き取れなった orz
噂になってる琢磨ルノーをテストか?って話だろうか。本当にそうなったら面白いな。アロンソのチームメイトは厳しそうだけど、ホンダ以外の琢磨も見てみたいし。

posted by TOSSY at 00:17 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界最高のスポーツ F1

2008年05月06日

スーパーアグリ F1撤退を表明

結局最悪の結果となってしまいました、、、

アグリチームにはお疲れ様としか言いようが無い。特に昨年は本当にいいレースを幾つも見せてもらいました。本当に良いチームでした。

それにしても、アグリの会見内容を見てもどうにも分からないことが多すぎる。一体アグリはいつから自立しないといけない形になったんだろうか。チーム立ち上げ時からそうだったんだろうか。

S.S.ユナイテッドは流石に怪しすぎたし、あれはまずかったと思うけれど、その後見つけたスポンサーは何時も何時もニック=フライが難癖つけて話がなくなってしまう。ニック=フライが一々口を出す時点で、そもそもホンダのサテライトだったんじゃないのか?

大島執行役員曰く、ニック=フライによるイスタンブールでのスーパーアグリの締め出しについては、ホンダ本社は関知していないとのこと。けど、それはヘンだ。本社がなぜこのような行為を知らないのか。結局本社側がニック=フライを管理できていないことを暴露したことになる。今F1で走っているホンダは英国ブラックリーのF1企業としてのホンダなんだ、と改めて感じた。やはり、今のホンダは優勝しても表彰台で君が代を流すべきじゃない。英国国歌のほうが似合ってる。バトンゲート然り。

それにしても、ホンダ役員は本当に知らなかったんだろうか。もし知っていてやらせたのであれば、それはそれでヒドイ話だ。ホンダF1を応援するしない以前に、そんな会社の車なんて一生乗りたくも無い。

琢磨&デビッドソンはどうなるんだろう。前回 ITV の中継映像の後ろで AGS と琢磨が二人きりで話しているところが偶然写っていた。恐らく今回の結果は既に知っていたんだと思う。開発ドライバーとしては二人とも優秀なので、働き口はあるだろうけれど、レギュラーシートは厳しそう。

ホンダは来年琢磨を乗せるんだろうか。今年は既に開発放棄しているし、バリチェロは最多出走記録の更新が確定。ただし、まだ来年の契約更新の発表は無し。琢磨を乗せる準備は揃っている。

きっと琢磨はホンダ以外には行かないでしょう。そういう正確な気がする。多分、選択肢としてはそれが正解だろうとも思う。でも来年ホンダに乗ったとして、素直に応援できる自信が無い。バトンゲートで弾きだされた挙句、せっかく立ち上がったチームもこんな形で撤退追い込まれたにも関わらず、またホンダに戻る必要があるんだろうか。もし、万が一、他のチームからオファーがあるのなら、是非移籍してバトンをぶち抜くような痛快なレースを見せて欲しいです。

posted by TOSSY at 02:05 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界最高のスポーツ F1

2008年05月04日

スーパーアグリ、トルコGP出場微妙? サーキット入場拒否

スーパーアグリ イスタンブールのパドックから締め出される
http://f1.gpupdate.net/ja/news/2008/05/05/187295/

マジで!?つーか何でニック=フライがアグリが出ないって言うわけ!?もうわけわかめ。もうムカつき過ぎて気力がなくなってきた。

ここのアグリのインタビューを見る限り、かなり切迫した印象を受けますね、、、
http://www.auto-web.co.jp/F1/view/entry.php?id=304

この流れは一体誰の意志なんだろう。誰の意志でもないんだろうか。誰かキチンと整理して説明して欲しい。ニックが一人で演じている茶番なら良いんですが。

ホンダは1400億の申告漏れやら円高の影響、アースドリームを謳ってタイトルスポンサーなしの実質自腹参戦等、アグリもろとも本家ホンダもF1撤退するんじゃないかという気がしてきた。

ヴァイグルは3年越しで借入金を返済するっていうのに、なぜそのオファーを受け入れられないんだろう。このままトルコに出場できなければ、むしろFIAから莫大な制裁金が課せられるかもしれないのに。これまでの100億近くとも言われる出資が回収できるかもしれないオファーを断る理由ってナニ?それは株主に説明できるような理由なんだろうか。

大体、なんでアグリに対する出資者に対して、いつもいつもニック=フライが意見するんだろう。アグリへの出資はイギリスのホンダF1からなのか?

火曜日のホンダ役員による会議も実は開催されず、すでに本社の意志は決定済みなんて話もあって、情報錯綜してますね。いずれにせよ、今週の前半には少なくともトルコにでれるかどうかは判明するでしょう。

posted by TOSSY at 23:23 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界最高のスポーツ F1

2008年05月01日

スーパーアグリいまだだ先行き不透明 理由は役員がGW休み

http://en.f1-live.com/f1/en/headlines/news/detail/080501090259.shtml

もうね、なんか悪い冗談なんじゃないかと。4月30日に将来を決めるミーティングが、、、と言われてたのでWEBを探し回ったものの、全く情報が出てこず。と思ったらこれですよ。

本来、先頭を切って旗を振ってやらないといけないはずの役員が、GWだからミーティングできないって本当なんでしょうか。このニュースが本当なら、彼らはF1やってる意識があるんだろうか。F1でGWなんて初耳ですけど。

こんなんだからニック=フライがやりたい放題になるんだよ、まったく。と愚痴りたくもなります。

実際はホンダだけが悪いわけじゃないでしょうが、これじゃホンダもホンダだなと思っちゃいます。もう地球環境に配慮してアグリと一緒にF1辞めたら良いんじゃないかと。円高で業績も苦しいんでしょ?

なにもセナの命日にこんな醜態さらさなくても。

posted by TOSSY at 22:22 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界最高のスポーツ F1

2008年04月27日

スペインGP 決勝



キミ会心の勝利!

フェラーリ&キミは強かったですねぇ。ヨーロッパラウンドの開幕戦でしたが、思いのほか各チームの戦力図は変わらず。むしろフェラーリが抜きん出てきた感すらあります。

それにしても、ここで勝てたのは大きい。各チーム総力戦の中、あぶなげなく勝利できたのは大きいです。中盤戦に向けて良い流れになってきました。

ハミルトンは今回良いところなしでしたね。クビサは辛うじて交わせたものの、BMWとの間に明確な差は見られませんでした。今のところ、フェラーリと対等に戦える力はなさそう。これでキミとのポイント差は9ポイント。キミとしては、唯一心配なのは信頼性といったところでしょうか。

それにしても、コバライネンのクラッシュには凍りつきました。あのコーナーはやばい。タイヤバリアにめり込んだのをみて、シルバーストンでのシューマッハや、スパでのブルティの事故がフラッシュバックしました。やっぱりブルーシートは心臓に悪いよ、、、

実際、引き上げられた車はバルクヘッドも無かったし、運転席から地面が見えていたので、相当大きな事故だったことは間違いありません。あれでコバライネンが無傷で次のレースにも出場できそうというのは、良い意味で本当に信じられない。車の安全性も高くなったのだろうし、運も良かったのだと思います。

今回、一貴はなかなか調子よかったですね。初めてニコをアウトクォリファイしたのも立派。特にバルセロナは言い訳ができないし、良い仕事をしたんじゃないでしょうか。ニコを見ても、ウィリアムズはここに来てやや戦力的に厳しいかなぁという印象。ポイントを取れただけでも良し、というところでしょう。

スーパーアグリは何とか今回なんとか出場できましたが、どうやら次戦に出場できるかどうかが本当の正念場の模様。なんでも来週に重要なミーティングがあるとか。

しかし、ここまで担いでおいて見放してしまうホンダはどうかなぁと思います。本当に。このまま支援しても最終的には独立しないといけなくなったのは事実ですが、こんな中途半端に見捨てなくても、、、。ニックフライの言動を見ていると、結局ホンダもトヨタと同様、日本の本社とは遠く離れた英国企業として F1 をやってるんだなぁと思います。もうホンダが勝っても君が代は流さないで頂きたい。

琢磨とアンソニーが不憫でならない。なんとかなりませんかねぇ。


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

posted by TOSSY at 18:27 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界最高のスポーツ F1

2008年04月07日

バーレーンGP 起死回生の1勝



マッサ、起死回生の1勝!

今回は流石に気合は言ってましたね〜。場合によっては早くもチャンピンシップに黄色信号が点るところだったので、当然でしょう。前回の不可解なリタイヤで大分マスコミに叩かれたようですし、、、キミがしっかり2位に入り、これでチャンピオンシップはキミがリードすることに。

今回、ハミルトンは予選10番手降格の挙句、アロンソに追突してしまい THE END。コバライネンもペースが上がらず、マクラーレン勢はバーレーンで全く良いところなし。BMW と比べても明らかにペースが悪く、この後のシーズンも不安が残りますね。個人的には大歓迎ですがw

今回、BMW は本当に速かった。クビサのポールには驚かされましたが、レースペースも悪くなかった。フェラーリのペースに後一歩及ばずといった感じ。今後の改善次第では、今シーズン中の初勝利もかなり可能性がありそうですなぁ。

次はいよいよヨーロッパラウンド。次戦カタロニアは毎度のことながら各チームの実力が明らかになるコース。各チーム冬に散々テストした挙句、ここにあわせて車のアップデートが掛かりますからね。ここでキミがガツンともう一勝してくれるとウレシイなぁ。各チームのアップデートされた車も今から楽しみ!

posted by TOSSY at 02:21 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界最高のスポーツ F1

2008年03月23日

マレーシアGP 起死回生!



イヨッシャー!キミ起死回生の大勝利!!

今回は終始フェラーリ勢は速かったですね。やっぱり前回のオーストラリアが特殊なサーキットだったということか。まだ安心はできませんが、マレーシアのようなパーマネントサーキットで速かったのは好材料でしょう。これならヨーロッパラウンドでも期待できそう。

一方のマクラーレン勢は不安を残しましたねぇ。今回はBMWよりも明らかに悪かった。このままの感じでヨーロッパラウンドも進んだ場合、チャンピオンシップどろこの騒ぎではなくなってしまいますね。

ちょっと気になってるが、ハミルトンがやたら滑らせて走っている件。前回もそうだったし。乗れてるのかもしれないけど、あれで1シーズンもつのか?タイヤも酷使しそうだし。今回もファーストスティントのハミルトンはタイヤのグレーニングが回復するまで大分時間が掛かってたし。ドライビングの影響かは不明ですけどね。
一方のキミは前回ひどかったけど、今回のドライビングは綺麗だったぁ。こっちでF1を放送してる speed.tv コメンテーターも褒めてたし。トゥルーリもスゴイ綺麗。彼のスムーズなドライビングの本領発揮という感じ。

TCが無くなって明暗クッキリですな。今回のマッサのスピンはTCが無かったせいじゃね?あのコーナーだとブレーキでもないだろうし。サスが壊れたとかなら車見れば直ぐ分かるしね。まぁ、TCが無かったのが原因かどうかも、テレメトリー見れば分かるんでしょうけど。マッサには早くもプレッシャー掛かっちゃいますねぇ。スタートも異常な牽制だったし。まぁ、自分のほうが先にピットに入るのが分かってたからかもですが。

トヨタが意外なほど好調だったのが印象的。予選順位次第では2位に入っていても不思議では無いくらい。一方のウィリアムズが大苦戦。ニコも一貴もどうにもならないと言った様子でした。一貴のファースト、セカンドスティントは悪くなかったんですけどね。

総合すると、今回はタイヤの使い方だったのかなぁ、と。フェラーリ、BMW、トヨタは上手く使えた。マクラーレン、ウィリアムズは使えなかった。BMW以外のチームはオーストラリアでは全く逆だったわけで。

サーキットの路面状態や温度の影響ですかねぇ。次はバーレーン。Sakhirの路面がどっちに味方するか見ものですね。

それにしても、一貴はレースペースが中々良い。予選は改善が必要かもですが、今回はそもそも降格が決まっていて無いようなものだったし。ニコ相手に大苦戦するのでは、、、と心配してましたが、これは結構良い勝負できるかも。

GP2では可夢偉が初優勝だし、トヨタさん、ウハウハですなw
ホンダさんも琢磨君がんばってますよ?そろそろ現実みたらどうですか?

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

posted by TOSSY at 14:46 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界最高のスポーツ F1

2008年03月16日

オーストラリアGP 決勝 〜歴史的波乱〜



歴史的な大荒れの開幕となりました。

完走7台は、ミシュラン勢がボイコットした米国GPを除き、歴史上最小のフィニッシュとなってしまいました。

予選から見ていて、車を振り回しているハミルトンは完走できないんじゃないかと思ってましたが、蓋を開けてみれば圧勝でした。追うものが居れば、また違った展開だったと思うのですが、、、

肝心の追うもの、フェラーリにとっては悪夢以外の何者でもない展開。キミは予選の時点でほぼ望みなし。挙句、フェリペも早々にスピンして後方に沈んでしまうとは、、、
それでも、キミはよく盛り返しましたが、残りわずかでまさかのトラブル発生。セーフティーカーも全く味方せず、まさに踏んだり蹴ったり。早く忘れたほうが良さそうです。
とはいえ、今回予選決勝での不運が無ければ、フェラーリは勝てたのか。否。恐らく難しかったでしょう。キミもマッサもまだまだ車を乗りこなせていない印象。今後改善が必要でしょう。

一方、ウィリアムズにとっては望外の結果となりました。ニコの表彰台は初々しくて良かったですね。表彰式で脱帽を忘れてしまうあたりがまた微笑ましいw
実力的には、BMWとトントンか、やや落ちるくらいか?本家トヨタよりは若干速そう。
一貴は結果的には入賞できましたが、課題が一杯でてしまいました。避けては通れない道なので、一歩ずつ克服してもらいたいです。レースペースは力強かったので、今年は期待出来そうです。最後のクビサへの特攻は大失敗ですが、結果的にチームには貢献したかも。ニコを脅かした可能性があるし、一貴も入賞できたしw

一番びっくりなのがトロロッソが速いこと。ベッテルが早々に居なくなったのが残念ですが、本家レッドブルより速いどころか、ルノー・アロンソよりも速い。十分に入賞を狙える位置にいますね。ボーデは予選がまだまだだけど、レースはかなり力強かった。ベッテルは予選も速いし、トヨタ、ホンダ辺りには頭の痛いライバルになりそうな予感。

それにしても、今年は一気に上位から中段勢までの差が縮まった印象。トラクションコントロール禁止の影響は想像以上に大きいですね。アグリとフォースインディア以外は全員に入賞のチャンスがある状況。予選のQ1、Q2なんて、コンマ5秒に一体何人入ってるんだ!?というような状況だし。

もう来週はマレーシアGP。当分目が話せませんね!

posted by TOSSY at 00:56 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界最高のスポーツ F1

2008年03月13日

開幕!オーストラリアGP 〜徐々に見えてきた実力〜



ついについに開幕!!金曜フリー走行、かじりついて見ました!

まだ本当の実力は測りかねますが、、、

1st グループ
フェラーリ マクラーレン

2nd グループ
BMW ルノー トヨタ ウィリアムズ
ホンダ レッドブル

3rd グループ
トロロッソ フォースインディア アグリ

見たいな感じでしょうか。

アグリはRA107を使うんですね、、、ちょっと不安。昨年後半のホンダは、まぁそれなりだったので、大丈夫だとは思うんですが、、、
今回が実質的にシェイクダウンだったので、その割には良くやったでしょう。

ウィリアムズは予想どうり良いですね。一貴は最初乗りにくそうにしてましたけど。意外とトヨタも良い。トゥルーリがすごく乗りやすそうに運転してましたね。グロックも無難な立ち上がりで好印象。流石GP2チャンピオンか。

ルノーは厳しい。特にピケがかなり不安を残したなぁ。期待してたんだけれども。アロンソは厳しいなりにがんばってた。正直、上位2チームどころか、中段グループについていくのが精一杯かと。

BMWはソコソコ速いけど、明らかに他に追いつかれた。というか、飲み込まれた。クビサは安定してたけど、ニックは本当に乗りにくそうに走ってましたねぇ。

一番意外だったのが、今年もやっちゃった感が出てたホンダ。前回のプライベートテストが好感触だったとは聞いてたけど、そこそこのタイムが安定して出てた。地道に開発して行けば2ndグループでそこそこ戦えそうな予感。

レッドブルは妙に速いタイム出したと思ったら、クルサードがガス欠w
空タンだったのがバレバレなので、こんなもんか?2ndグループの一角でしょう。

トロロッソもレッドブルと同じく、軽めで走ってた印象。フォースインディアは物凄く乗りにくそうな車ながら、タイムはそれなりに出てますね。決勝は辛そうだなぁ。

アグリは厳しいですなぁ。今回は実戦テストとして十分走りこんで欲しいもんです。車の素性は悪くなさそうなので。

2強は相変わらず健在ですね。正直この2チームの力関係は蓋を開けるまで分かりません。ただ、2ndグループとは去年以上に差が開いた印象。トヨタ、ウィリアムズ、BMWあたりの奮起に期待したい。

さぁ、明日は予選!一発の速さがいよいよ明らかになります!!

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

posted by TOSSY at 23:18 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界最高のスポーツ F1

2008年03月03日

rFactor F1 2007 MMG 1.0

気づいたらもう3月ですね。いよいよF1も開幕まで秒読みに入ってきたわけですが、開幕まで待ちきれず、久しぶりにrFactorをいじってみました。

久々にWebを確認したら、2007 MOD が完成してるじゃありませんか!早速ダウンロードして適用してみました。



入れたのは F1 2007 MMG 1.0 何ですが、これすごいっすね。スゲー完成度。車メッチャ綺麗。挙動もいい感じ。



ライコネンで突っ走ってみたの図。リプレイは鳥肌もんです。



マクラーレンも。クロムメッキ仕上げの車体の雰囲気がよく出てます。

久しぶりに遊んだけど、やっぱ面白いわ。rFactor。ちなみにうちの環境はこんな感じ。



やっぱハンドルコントローラ必須ですな。トラコンがあるとはいえ、入力装置はアナログじゃないととても対応できません。チョッとアンジュレーションのあるコーナーとか直ぐ滑るし。そこが面白いんですけどね。開幕までしばらく遊べそうです。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

タグ:rFactor 2007 MOD F1
posted by TOSSY at 00:45 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界最高のスポーツ F1

2008年02月05日

2008 F1 新車インプレッション

開幕戦を暫定カーで走るチームを除いて、全チームの新車が出揃った感じですね。
大きく変わったチームあり、ほとんど見た目が変わってないチームあり。
開幕までテストのタイムを見て一喜一憂する季節も、早くも中盤戦です。
ちょっとここらでまとめて各チームの新車を観ていこうかと。

フェラーリ F2008

正常進化と言う感じでしょうか。あんまし変わった印象がないですねぇ。ホイールベース
を短くしたらしいですが、去年が長すぎたので普通に戻ったカンジ?フロントノーズ
の処理がトヨタちっくですね。あちらはフェラーリちっくなので、お互い様かw
テストでは無難にタイムを出してますね。今年も本命でしょう。

BMW f1.08

メッチャ期待してたのも、今のところ一番がっかりなのもこの車。タイム出てないですねー。
ニックにはダメ出しくらってるし。ここ数年着実に伸びてきてたので、まさかこんなに
つまづくとは。Intelのスパコンパワーもさほどでは無かったんでしょうか。
見た目が大分過激に変わったので、ちょっとピーキーな車になったのかも。開幕までに
じゃじゃ馬をおとなしくさせないと、、、期待したいです

ルノー R28

アロンソの評価はあんまり悪くないみたいですね。こちらはあんまり見た目が変わった
感じがないです。去年泣かず飛ばずだったので、もう少し変えてくるかなぁと思ったん
ですが。ただ、フロントウィングのステップがちょっと新しいかな。今年のトレンド
なのかも知れませんが。テストのタイムは今のところソコソコかな?アロンソの出戻り
で何処まで巻き返せるか注目。

ウィリアムズ FW30

FWシリーズも終に30ですか。一貴がレギュラーになって気になる一台ですが、テストは
かなり順調ですねー。喜ぶには速いですが、去年後半の好調さを維持できそうな気配は
あります。カラーリングがまだ暫定ですが、見た目が結構カッコいいかも。ニコ&一貴の
コンビでブレークして欲しいですね。

レッドブル RB04

ニューウェイさんの2作目ということでかなり期待してたんですが、結構堅実な新車かと。
あまり代わり映えがしない印象です。ちょっぴり期待はずれ。まぁ、去年は信頼性があれば
もっと余裕な展開だったはずなのに、ことごとく車を壊して棒に振ったので、今年は
まずは信頼性の確保なんでしょう。トップに追いつくのは辛くても、中段グループでは
良い仕事をしそう。

トヨタ TF108

ここ数年、いの一番に新車を発表しながらも、「おいおい、何年落ちの車だよ」とツッコミ
たくなるような車ばかりのトヨタさんでしたが、今年はちょっとマシな格好の車が出てきましたw。
まだまだ突き詰められていない感は否めませんが、去年の予選番長からの脱却はなんとしても
果たしてもらいたい。今更ですが、会社としても尻に火がついたみたいなので、今年はもうちょっと
まともなレースを展開してもらいたいものです。

ホンダ RA108

やってしまいました。2年連続のアースカラー。でも去年のカラーリングよりは大分マシかと。
ただし、、、遅い。絶望的に遅い。天然のバトン君ですらドライバビリティが無いという程なので、
よっぽどなんでしょう。中本さんいわく、まだパーツが色々入っていないらしいので、それらが
入ればまともになると思いたい。去年コンセプトを大きく変えて大失敗しており、今年は
他チームと同様の車づくりをしてきたものの、他チームとの熟成度合いに差が出るのは明白。
実質、このコンセプトでは他チームより1年は出遅れてることにもなるので、いずれにせよ
苦戦は必死かと。スーパーアグリがどうこうとか言ってる場合じゃないだろ!フライ!

マクラーレン MP4/23

去年のスパイ疑惑があった関係上、車は変えてこないだろうとの大方の予想を裏切り変えて来ましたねぇw
この空気の読めなさっぷりが近年のマクラーレンらしさかも。これがまた、悔しいけど速い。
去年はトータルで見たらフェラーリより若干分が悪かったですが、フェラーリがややコンサバな
車を出してきたので、この調子だと開幕からフェラーリ&マクラーレンのガチンコになりそうな予感。
今年もこのチームは車よりも、むしろ人間関係の方が心配の種になる気がする。


ってな感じ。結局フェラーリ&マクラーレンの2強は揺るがず、って感じですかね。
むしろ追うはずのBMWが躓いて、ウィリアムズ、レッドブル、ルノーあたりがジワリと
追い上げて来た印象。
日本勢は相変わらずですなぁ。今年も期待できないであろう現実が早くも露呈しておりますw。
まぁ、これも現時点での話であって、ここから開幕までの数週間で劇的に変わることも
無くはない。もっと言えば、結局開幕してみないとわからないんですよねw
でもココで一喜一憂するのが醍醐味なわけで。

まだまだテストは続く!アグリ頑張れ〜!!

posted by TOSSY at 01:36 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界最高のスポーツ F1

2007年11月02日

Redmondはもう冬!



今日、朝起きてデスクトップの天気予報ガジェットを見てみたら、なんと
気温1℃!?

寒いよ!まだ11月頭だよ!

でもこれ以上はあまり寒くならない、、、らしい。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

posted by TOSSY at 10:49 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界最高のスポーツ F1

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。