2012年04月25日

2012 バーレーンGP

ベッテル&キミ復活!

2012 Bahrain

開催が危ぶまれ、期間中もデモが起こるなど、混乱した中行われたバーレーンGPでしたが、無事に終わって何よりです。

 

今回のレースのハイライトはなんといってもヴェッテル vs キミ!仲の良い二人が初めての優勝争いを演じました。キミは最後のピットイン前に1度だけヴェッテルに仕掛けられたものの、オーバーテイクはならず、ヴェッテルがかろうじて逃げ切り。キミは惜しくも2位表彰台でした。

 

ヴェッテルは開幕から不信続きだったものの、今回は予選からヴェッテルらしい走り。決勝も最後にキミを突き放し、ヴェッテルらしい力強さをみせました。

 

キミも実に惜しかった。中盤のファステスト連発には圧倒されました。ブランクもなんその、こちらもキミらしい走りでした。

 

可夢偉君はタイヤが期待したように持たず、今回も残念な結果に。。。最初のスティントでミディアムを履いてしまったのが失敗か。同じ作戦んだったディ・レスタが6位入賞したのが悔しい。

 

それにしても、あのような状況下で果たしてバーレーンGPは開催するべきだったのか。元々王様の贅沢で始まったようなレース。政治が不安定な状況下での開催には、観る方もあまり良い気がしなかった。無事に終わったのがせめてもの救いでしょうか。

 

次戦はカタロニア。さらにその前にはムジェロで合同テストが開催されます。いよいよヨーロッパ開幕。各チームの序列がどうかわるのか見ものです。

posted by TOSSY at 23:35 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界最高のスポーツ F1
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/266872493

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。