2012年04月18日

2012 中国GP決勝

ニコ・ロズベルグ、ついに初優勝!

 

2012 China

 

随分と時間がかかってしまいましたが、ようやくニコが初優勝の栄冠を勝ち取りました。

 

ニコは予選から圧倒的に速く、決勝でも独走。危なげない優勝でした。

事前の予想ではメルセデス勢はタイヤに厳しいと思われましたが、蓋を空けてみれば全く問題なし。

寧ろ他チームの方が速くタイヤの寿命を迎えてしまいました。独走でペースをコントロールできたことが幸いしたのかも。

 

予選4位、決勝3位スタートだった可夢偉には期待が集まりましたが、昨年の鈴鹿が思い出されるような悪夢。

スタートで加速が出来ない症状が再発。あっという間に定位置まで下がってしまい、途中ミディアムタイヤを上手く使えなかったことも災いし

結果10位に。入賞できたとはいえ、望んでいた結果はもっと上位だっただけに、残念でした。

ペレスも毎回のようにピットアウトで加速しない症状が出ているので、ザウバーはローンチシステムに何か問題があるのでは。

 

ニコは独走でしたが、2位以下のレースは見所満載でした。終盤は列車状態でしたが、特に序盤は激しい順位争いがあり、目が離せない展開となりました。

今年のF1も面白くなりそうな予感。3戦して3人とも優勝者が変わるというのも今年の混戦ぶりを表していると思います。

 

次戦は連戦でバーレーン。未だ政情不安が払拭されていない中、無事に開催されることを祈ります。

posted by TOSSY at 21:56 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界最高のスポーツ F1
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/265398168

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。