2012年03月19日

2012 オーストラリアGP決勝

ついに今年のF1が開幕しました。バトンが会心の開幕戦優勝!

2012Australia

テストではマクラーレン vs レッドブルの一騎打ちにメルセデスが絡むような展開かと予想されましたが、蓋を開けてみればマクラーレンが強かった。レッドブルは遅いわけではないものの、終始パッとしないかんじ。

マクラーレンは予選の一発も決勝のロングランも良かった。レッドブルはロングランが良かったものの、一発ではマクラーレンに歯が立たず。

セーフティーカーがらみとは言え、ヴェッテルがマクラーレンの2人に割って入ったのは上出来でした。

メルセデスは予選一発が速い。決勝ロングランは少しタイヤに厳しい印象。とはいえ、今年中にミハエルの復帰後初表彰台も見られるかも。

次戦マレーシアでこの勢力図がどう変わるか見ものです。

 

可夢偉は予選が不本意な結果ながらも、決勝のペースは素晴らしく、終始ライコネンとバトルしっぱなしの熱いレースでした。今年のザウバーは去年の開幕よりも良いかも。

最終ラップに何が起こったかよくわかりませんが、結果的に6位入賞は最高の結果でした。現時点ではフェラーリより上かもしれない。ロータスも速いので、可夢偉とライコネンのバトルが今後も沢山見られそうです。

ベルニュ、リカルド、グロージャンも速いし、見どころ満載です。それにしても最終ラップのマルドナードはもったいなかったですねぇ。ウィリアムズも侮れないかもしれない。

 

去年から大分勢力図が変わって、今年のF1も面白そうです。次戦は来週マレーシア!セパンでは本当のマシンポテンシャルが見えるでしょう。

posted by TOSSY at 03:08 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界最高のスポーツ F1
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/258610456

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。