2012年02月11日

ヘレステスト 終了

4日間のヘレステストが終了しました。まだまだタイムを比較出来る状態ではないですが、下が一応4日目最終日のタイム。

 

1 フェルナンド・アロンソ フェラーリ 1’18”877
2 ジャン・エリック・ベルニュ トロロッソ 1’19”597
3 セバスチャン・ヴェッテル レッドブル 1’19”606
4 ルイス・ハミルトン マクラーレン 1’19”640
5 ロマン・グロージャン ロータス 1’19”729
6 小林可夢偉 ザウバー 1’19”834
7 ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア 1’19”977
8 ブルーノ・セナ ウィリアムズ 1’20”132
9 ヤルノ・トゥルーリ ケータハム 1’22”198

 

去年の同時期には最速でも1分19秒台後半だったので、レギュレーションでエキゾーストブローが無くなったのにも関わらず、今年の車は去年よりも速そう。

しかもどのチームも似たようなタイムで安定して走れているので、今年は混戦模様?エキゾーストブローのような、持つもの・持たざる者の差が無くなる分、上位から下位の差は縮まっているのかも。

 

新車の中で印象的なのがロータス。速いタイムが自然に出ている感じ。他チームのドライバーからも高評価の模様。見た目は割りと普通なんですけどねぇ。キミが復帰するだけに、期待したい所。

e20

 

チャンピオン、レッドブルで気になるのが、フロントノーズ段差部分のエアインテーク。ニューウェイはドライバーの冷却用って言ってるようですが、果たして真実はどうなのか。

他チームがエキゾーストをタイヤ内側に向けて出しているのに対して、レッドブルはリアウィングの中心に向けているのが印象的。どれが正解かはまだわかりません。それ以外は去年の正常進化型に見えます。

rb8

 

我らが可夢偉率いるザウバーは、極端に薄いノーズが印象的。さらにパンダみたいなカラーリング。。。

見た目がカッコいいとは言いがたいものの、テストでのタイムの出方を見るかぎり、それなりに期待できそう。オイル漏れ等、トラブルが幾つかあったものの、この時期はそんなもんでしょう。

c31

 

ザウバーのライバル、インドはパッと見無難な印象。全体的にロータス似?

vjm05

 

トロロッソはステップドノーズ意外、去年と変わった印象があまりない。正常進化型の模様。ダブルデッキのサイドポンツーンも堅持。

str7

 

話題のステップドノーズが特に極端なウィリアムズ。あんな急激な段差付けても抵抗にならないんだろうか。。。

fw34

 

まだまだどのチームも手探り状態。次回テストは2週間後のカタロニア。ここで各チームのパフォーマンスが比較出来るでしょう。

楽しみ!

posted by TOSSY at 20:54 | 神奈川 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 世界最高のスポーツ F1
この記事へのコメント
www.cleanwv.com 激安ゴルフクラブセット通販、人気ゴルフ用品、ゴルフクラブ大型専門店
Posted by SpeedBlade アイアン at 2014年04月24日 11:41
www.hotgolfclubjp.com 新品ゴルフクラブの在庫があります!激安ゴルフ用品通販全国送料無料です。ご安心購入してください。
Posted by hotgolfclubjp at 2014年04月25日 11:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/251756024

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。