2011年09月01日

ベルギーGP決勝

ヴェッテル、ポールトゥウィン!

 

belgium

 

スタートでロズベルグに先行された挙句、ブリスターが発生し、6周目に早くもタイヤ交換を迫られるも、なんだかんだでポール・トゥ・ウィン達成。

やはり、レッドブルはスパでは速かった。

 

とはいえ、レッドブルも楽々勝てたわけではなく、特にタイヤに悪戦苦闘。特にオプションではブリスターがひどく、数周しかもたない有様。

どうやらピレリ指定のキャンバー角を守らず、強めのネガティブキャンバーを付けてしまったのが原因だった模様。ニューウェイはレース前、スチュワードに新品タイヤへの交換をお願いしたらしい。レース後のタイヤは、構造破壊寸前だったとか。

そんな状態でも勝ってしまったのだから、もう手のつけようがないですね。

しかも、ライバルのハミルトンはあろうことか可夢偉と絡んでリタイヤ。チャンピオンシップポイントで大幅リード。これはチャンピオン確定かも。

 

今回話題だったのは、ニックとセナのリプレース。ニックは可哀想だったけど、セナの黄色いヘルメットとブラック&ゴールドの車の組み合わせには、グッと来るものがありました。

belgium_senna

恐らくスポンサー絡みの起用でしょうが、セナは予選でいきなりペトロフの前に出たのは立派。決勝のスタートでアルグエルスアリに絡んでしまったのが実に残念。

 

シューマッハも今回がデビュー20周年記念でした。20年経ってもまだレースやってるんだから、本当に超人ですね。ミハエルのスパデビュー戦は今でも鮮明に覚えてます。

ということは、自分も20年以上F1を観てるのか、と思うと感慨深いものがあります。

20周年記念のレースは、予選でのトラブルで最後尾スタートになるも、決勝ではデビュー戦の時のような速さを見せ、気がつけばロズベルグまで追い抜き、見事な5位入賞。流石のスパマイスターでした。

 

可夢偉は予選でQ2敗退するも、決勝はいつものロケットスタートを決めて、一気に入賞圏内へ。いつものタイヤセーブ作戦で一時4位まで順位を挙げるも、ハミルトンと絡んだ後のセーフティーカー出動時、無線トラブルで直ぐにピットインできず、順位を大幅に落としてしまいました。あれが無ければ確実に入賞できていただけに残念。

ついにスーティルに3ポイント差まで迫られてしまい、可夢偉としてもチームとしても痛いレース結果でした。

 

次戦はモンツァ。メルセデス勢の独壇場になるかな?DRSの使い方にも注目!

posted by TOSSY at 22:49 | 神奈川 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 世界最高のスポーツ F1
この記事へのコメント
www.cleanwv.com 人気ゴルフ用品、ゴルフクラブ新作、アイアン、ドライバー、パターなど大特集!ゴルフクラブセットをスペシャル価格で購入できます。全国送料無料!
Posted by キャロウェイ x hot at 2014年05月12日 11:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。