2011年06月14日

2011 カナダGP決勝

ジェンソン、渾身の勝利!

2011 Canada.jpg

大雨により大混乱となったカナダGP。ヴェッテルが終始リードするも、ファイナルラップにバトンがヴェッテルのミスを逃さず、オーバーテイク!今シーズン初優勝。

いやぁ、まずなにより、赤旗中断が長かった。。。AM2時スタートだった上、小一時間後に大雨で赤旗中断。レース再開したのは約2時間後!その後もセーフティカーが度々入り、2時間レースぎりぎりのフィニッシュで、レースが終わったのは日本時間AM6時過ぎ。。眠すぎです。

ただ、レース展開は非常に面白くなりました。まず赤旗中断前に、降雨によるタイヤ選択の混乱に乗じて、可夢偉がまさかの2位躍進!雨が降り続いていたら、表彰台もあり得た展開でした。

赤旗再スタート後は、路面が乾き始めて可夢偉は残念ながら後退。しかし、先頭集団はミハエル、バトン、ウェバー、マッサによるデッドヒートになり、とても面白いレースになりました。圧巻だったのはバトン。途中なんどもトラブルに巻き込まれながらも、ドライに履き替えた後のペースは圧倒的でした。結果、ヴェッテルまで捉えて今シーズン初優勝。チャンピオンシップも2位浮上。あっぱれでした。

可夢偉はドライに履き替えて以降、非常に厳しい展開でしたが、それでも7位入賞。立派な結果です。特にウェットでの走りは、さらに可夢偉の評価を高めたでしょう。今シーズン、60ポイント取れれば御の字、と本人が言ってましたが、実現可能な目標になってきた感じ。ホント凄いドライバーだ。

次戦はヴァレンシア市街地。可夢偉のさらなる活躍に期待!

posted by TOSSY at 00:14 | 神奈川 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 世界最高のスポーツ F1
この記事へのコメント
地上波で一番美味しいところを観れなかった者です( ̄▽ ̄A
再放送してくれよ!(T▽T*
可夢偉の7位は立派!
最初の数周で13位から一気に8位までポジションアップしたのが驚きだったよ。
どうやってオーバーテイクしてたのかが見たくてしかたなかった。
現時点で25ポイントだもんねぇ。
6位のペトロフまで6ポイントしか離れてないんだから、
これは本当にスゴイことだね。
RBもトロロッソからとかヌルいこと言ってないで、
さっさと可夢偉獲っちゃいなよと言いたい。
ベッテルと可夢偉の組み合わせはドライバーとしても人間としてもベストだと思うけどなぁ。
テレビでベッテルに記者が
「可夢偉がRBに来るとしたらどう?」
って質問をして、
まんざらでもないようなベッテルの表情が印象的だった。
本当に実現してほしいよ。
Posted by satoru at 2011年06月14日 09:33

ちょっとした、ドキドキがほしいな
http://l5eagll.love.chu-g.net/
Posted by 夏だからね at 2011年07月30日 08:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。