2011年03月30日

F1 2011 開幕戦 オーストラリアGP

いよいよ開幕しました!2011年のF1。

今年は色々な変更点があって、シーズン前のテストでも、イマイチ各チームの戦力がわかりづらかったのですが、ようやくチーム間の力関係がみえてきました。

今シーズンの変更点の影響も、ようやくつかむことが出来ました。

まず一番大きかったのがタイヤ。ブリジストンからピレリにスイッチされましたが、シーズン前テストから大混乱。一体レース中に何回交換すればいいのかとヤキモキしましたが、いざ蓋を開けてみれば、思いの外タイヤがもちました。ザウバーのペレスにいたっては、まさかの1ストップ!ピレリも想定外だったようですがw。

ただし、タイヤのライフは予想よりよかったものの、やはりレース展開はタイヤに左右されました。特に昨年の違って、ドライバーが全力で走れず、タイヤをおっかなびっくり使わないといけないのがなんとも。タイヤに厳しいはずのハミルトンが、タイヤを使えていたのは意外でしたが。一方でタイヤに優しいマッサは熱が入らず、グダグダに。。ニックが低迷した原因も同じかも。
次戦のマレーシアは、オーストラリアとは比較にならないほど高温になるので、一体どうなることやら。

次にDRS(Drag Reduction System。要は可変リアウィング)と KERS。DRSは去年のフロントウィングの代わり。KERSは一昨年からの復活ですね。DRSは見た目に面白いものの、今回のアルバートパークサーキットでは、DRSでオーバーテイク出来たかというと、正直怪しいですね。速い車が遅い車を抜くのが楽になる程度?早くも見直し案も出ている様子。ドライバーもコックピットで忙しすぎです。まぁ、昨年のFダクトのように、手を離さないだけマシですが。DRSはもう少し眼に見える効果が得られれば、結構面白そう。

さらに、今回のレースが特別だった点として、直前に発生した東北太平洋沖地震に対する支援がありました。レース前には黙祷も行われました。ドライバーもそれぞれステッカーを貼ったり、記念撮影をしたり、メッセージを送ってくれていました。

2011Australia1.jpg

肝心のレースはといえば、予想通りヴェッテルの圧勝。特に予選は圧巻でした。チームメイトのウェバーがタイヤに厳しく、予選でも低迷したことが、尚更ヴェッテルの速さを際立たせました。
ところが、意外だったのがマクラーレン&ハミルトン。マクラーレンはシーズン前テストでダメダメだったにもかかわらず、開幕直前の開発で大幅に戦闘力アップ。ハミルトンもタイヤに厳しいと思われたのが、1stスティントではヴェッテルよりもタイヤが持ちました。これは大きな誤算。
一方で、レッドブルと十分戦えると思われたフェラーリが低迷し、ルノーのペトロフにも先行されてしまいました。タイヤに優しすぎたか?
ルノーのペトロフはいい意味での誤算。元々そこそこ速かったけど、今回はレースも上手くまとめて、ロシア人としても初の表彰台。これでクビサが居たら、すくなくともマクラーレンとは勝負できたかも。実にもったいない。また、ハイドフェルドが残念過ぎました。。あの体たらくだと、シーズン中に交代させられちゃうかも。

また、今年は多くの新人がデビューしましたが、驚きはザウバーのペレス!予選も可夢偉に負けたものの、それほど悪くなかったし、特に決勝のペースは素晴らしかった。タイヤの使い方に関しても、文句なしの1ストップ。車の特性もあるでしょうが、ペレスも可夢偉同様、タイヤの使い方が上手いんでしょう。残念ながらザウバーはリアウィングのフラップの規定違反で失格になってしまいましたが、今年のザウバーは期待がもてそう。可夢偉もいいライバルが出来て、一層頑張ってもらいたい!オーストラリアについては、注文通りのレースで、文句なしでした。

2011Australia2.jpg

開幕前を振り返ってみると、タイヤなどの不安要素がありましたが、蓋をあけてみれば、今年のレースは意外と面白いかも。去年は過去最高にエキサイティングなシーズンだったと言われるほどドラマチックでしたが、今年も面白いレースが沢山見られそうな予感。
地震等で日本は色々大変な最中ではありますが、F1を楽しみに今年1年乗り切りたいと思います。

次戦は来週末のマレーシアです!

posted by TOSSY at 22:55 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界最高のスポーツ F1
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。