2010年02月19日

フェアバンクスにオーロラを観に行ってきた

先週末、フェアバンクスへオーロラを観に行ってきました。

オーロラはいつか必ず観たいと思っていたんですが、シアトルからだと
世界的にみてもオーロラを鑑賞しやすい、フェアバンクスが近いので、
帰国前に意を決して行ってきました。

オーロラは28日周期で強く出現するとの説があり、アラスカ大学のオーロラ予報
参考に、前回強く出現した日から逆算した結果、先週末に決行しました。
月の月齢も新月に近く、絶好の機会と考えたわけです。

シアトルからフェアバンクスまでは、アラスカ航空が直行便を持っていますが、
今回は時間があわず、アンカレッジ経由で行きました。

飛行時間は、シアトル−アンカレッジが4時間弱、アンカレッジ−フェアバンクスが1時間です。

フェアバンクスでは、この時期にレンタカーを借りて自分で運転するのは不安でしたが、
どう見ても車が無いと不便なので、結局車を借りました。

今年は暖冬らしく、最低気温もせいぜい−10℃程度。運転は当然気を使いますが、
主要な道路は除雪されているので、さほど運転は難しくありませんでした。
流石に路面は凍結しているので、発進時はよほど気を使わないと、容易に
ホイールスピンします。ブレーキも軽く踏んだつもりでも、ABSが作動しまくりです。

一つ面白いのが、あちらの車はフロントから電源ケーブルが伸びており、
駐車場にあるコンセントにつなげられるよう成っている点。
これは、朝晩に冷え込んだ際、エンジンの始動ができなくなるのを防ぐための
ヒーターの電源らしいです。こんなの初めて見たw。アラスカならではな感じ。
レンタカーを借りる際にも、注意書きがありました。
ケーブルの挿し忘れ、抜き忘れには注意が必要です。

あと、舗装路以外は走行しないよう注意されます。普通は走行しないと思いますが。

DSC_0118
DSC_0118 posted by (C)TOSSY

ホテルはダウンタウンのマリオットにしました。この時期、1泊$100程度で
泊まれますが、部屋はびっくりするくらい広く、快適でした。朝ごはんも付いていて、
大満足です。
ロケーションも悪く無いのですが、フェアバンクのダウンタウンは名ばかりなので、
たとえダウンタウンに宿泊したとしても、車は欲しいと感じました。
数件のレストランと、お土産屋さんくらいはありますが、、、。
SafewayやFredMeyer等のスーパーへは、車が必須です。

オーロラの鑑賞方法は色々考えましたが、ダウンタウンから北へ3,40マイル
行ったところにある、スキーランドというスキー場のロッジから観ることにしました。
ツアーも探したんですが、ホテルのフロントの人は情報を持っていませんでした。

ここは自分で運転して行くことができ、一晩$25払うと、ロッジを使わせて
もらうことができます。ロッジには温かい飲み物や食べ物、トイレがあるので、
オーロラを鑑賞するには有難い施設です。
ロケーションも、スキー場と言うことで、北側が大きく開けており、街明かりからも
程遠く、オーロラ鑑賞には絶好の場所です。
この時期は日本からJALの直行便があり、観光客でごった返していました。
個人で来ていたのは恐らく私一人です。

今回は3晩宿泊し、毎晩スキーランドに車を走らせました。
夜9時過ぎにホテルを出て、10時前には着きます。
そこから、ロッジが開いている夜中の2時まで滞在し、オーロラの
出現を待ちました。

結果的には、幸運にも、3晩ともにオーロラを観ることができました。

初日のオーロラはこんな感じ。この日はごく弱いオーロラでしたが、
生まれて初めて観るオーロラに感動しました。

DSC_0068
DSC_0068 posted by (C)TOSSY

写真でみるとはっきり観えますが、実際に肉眼で観るオーロラは、
夜空に掛かる、薄明るい雲のようです。
写真で観るオーロラを想像していると、場合によってはガッカリするかもしれません。

オーロラもさることながら、夜空の美しさも圧巻です。肉眼で天の川を観たのは、
小学校の林間学校以来かも。

2日目は、初日よりも強くオーロラが出現し、夜を通して色々な形のオーロラを
鑑賞することができました。

DSC_0201
DSC_0201 posted by (C)TOSSY

特に東の空に複雑なカーテン状のオーロラが出現し、通常の緑以外の色も
ついていて、目を奪われました。この日は風が強く、外でじっと耐えて鑑賞ましたw。
暖冬とはいえ、寒風吹き付ける中、じっとしているのはシンドイです。
ロッジが無ければ、とてもオーロラなんて観ていられません。

DSC_0228
DSC_0228 posted by (C)TOSSY

2日ともにオーロラがみられたので、かなり満足していたのですが、
最終日も懲りずにスキーランドへ。
あまり期待はせずにいた所、この日は3日間を通じて、もっとも強くオーロラが
出現し、なんと頭上から降り注ぐオーロラを観ることができました。

DSC_0310
DSC_0310 posted by (C)TOSSY

DSC_0309
DSC_0309 posted by (C)TOSSY

DSC_0312
DSC_0312 posted by (C)TOSSY

現在は太陽活動が弱く、フェアバンクスでもこれほどの
オーロラは観られないと思っていたんですが、、、

よもやのオーロラ出現に、ロッジでは大歓声があがり、皆地面に
寝そべってオーロラを鑑賞していました。

頭上でカーテンが揺らめく姿を拝めた事は、本当に幸運でした。
その後、頭上に出現したオーロラが大きく割れて、夜空一面を
霞のように覆い尽くす格好となりました。

DSC_0321
DSC_0321 posted by (C)TOSSY

その後、残念ながら雲が出てきてしまい、オーロラ鑑賞はここまで。
とはいえ、大満足のうちにホテルへ帰投しました。

フェアバンクスに滞在中、昼間のうちは、人工物としては万里の長城についで長いという
パイプラインを観に行ったり、アラスカ鉄道の駅や、市内の教会などを見て回りましたが、
もはやそんなものはどうでも良い感じw。

ただし、アラスカ大学の博物館は、フェアバンクスを訪れたのなら必見。
化石や剥製などが沢山あり、結構楽しめます。建物もモダンでとっても綺麗。
大学からの景色が絶景で、北米大陸最高峰のマッキンリー(たぶん)も望むことができます。

ともあれ、兎にも角にもオーロラが観たかったので、最大の目的が達成されて本当に良かった。
暖冬で、さして寒くなかったことも、実に有り難かった。

日本に帰る前に、いい思い出ができました。



posted by TOSSY at 19:08 | 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
念願のオーロラ鑑賞おめでとう。
写真から迫力が伝わってくるくらいだから、
実際に観たら一生忘れないでしょう。

そうそう観れるものじゃないしね。
柏○出身者で初めてじゃないの?
Posted by 七代目寮長 at 2010年02月21日 00:39
いやー、本当に観れてよかったよ。

毎晩ロッジはJALの直行便で来ているツアー団体客でごった返してたから、なんだかんだ行ったことある人居るんじゃないかなぁ。
Posted by T at 2010年02月21日 09:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/141614576

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。