2012年10月17日

2012 日本GP決勝

可夢偉歓喜の初表彰台獲得!

2012Suzuka

2戦連続開催で早くも韓国GPまで終わってしまったり、ネットでは可夢偉シート喪失なんてニュースが飛び交ってはいますが、いまだ鈴鹿の余韻が残っています。

予選では4位獲得。バトンがギアボックス交換でスタートグリッドは3位に。

決勝のスタートが唯一の不安でしたが、今回は見事に決まり、ウェバーを交わして2位でオープニングラップを終える絶好のスタート。

1回目のピットストップ後、リチャルドにふさがれてしまい、マッサに先行を許してしまいましたが、あれは仕方ないでしょう。バトンのピットストップに反応していなかったら、マッサにもバトンにも抜かれて4位になっていたかもしれない。

結果的に終始バトンと一騎打ちとなる苦しい展開でしたが、タイヤマネージメントを含め、完璧なレースでした。特に予選から決勝にかけて、トップチームとガチンコで戦っての3位表彰台というのが凄い。1度くらいは表彰台に登れるだろうとは思っていたものの、鈴鹿で決めてくれるとは恐れ入りました。

表彰台前の可夢偉コールは感動的でした。2002年の佐藤琢磨初ポイントの時も盛り上がりましたが、今回はテレビで見ていても現地の興奮が伝わりました。

次は表彰台のてっぺんで君が代を聞かせてほしい!

 

チャンピオンシップ争いはというと、1コーナーでまさかのアロンソリタイヤ&ヴェッテル2連勝で一気に振り出しに。ハミルトンが振るわず、実質的にアロンソ対ヴェッテルの一騎打ちになりました。

レッドブルがここ数戦かなり速くなったことに加え、残りレースの殆どがレッドブルお得意のティルケサーキット。ヴェッテル3連覇もあるのか?残りレースで可夢偉の活躍にも期待!

posted by TOSSY at 00:01 | 神奈川 | Comment(3) | TrackBack(0) | 世界最高のスポーツ F1

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。