2012年06月26日

2012 ヨーロッパGP決勝

アロンソ今シーズン2勝目!シューマッハ復帰初表彰台獲得!

2012 Europe

毎年退屈なレースになるヴァレンシアでしたが、今年は大波乱の展開でした。

 

まず、トップを独走していたヴェッテルがマシントラブルでリタイヤ。グロージャンまでマシントラブルで、気が付けば予選Q2落ちしたアロンソがあれよあれよと順位を上げ、気が付けばトップに。あげく2位を走行していたハミルトンにマルドナードが特攻し、キミとシューミーがまさかの表彰台獲得。

10年近く前に戻ったような表彰台の顔ぶれとなりました。

 

それにしても可夢偉はついてなかった。。。

スタートで順位を2つ上げて5位走行。2位ハミルトンと離されずについていく展開だったにも関わらず、ピットストップでまたしても遅れてしまい、キミとアロンソに前に行かれてしまったのが運の尽き。

セナに幅寄せされ接触。再度ピットイン。ピットから復帰後まもなくSCが入り、SC開けにマッサと絡んでしまい、あろうことか次戦で予選5グリッド降格。。。

直前、直後を走っていたアロンソ、キミが表彰台に登ったことを考えると、可夢偉も表彰台が見えていただけに残念無念。いい加減、可夢偉にも少しばかりでもツキが回ってきて欲しい。

 

次戦は2週間後。イギリスGP。

posted by TOSSY at 00:47 | 神奈川 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 世界最高のスポーツ F1

2012年06月12日

2012 カナダGP決勝

7戦目で7人目の優勝者誕生!

 

2012 Canada

ついに本命のハミルトンが優勝し、7戦目で7人目の優勝者が生まれました。今年が如何に接戦かよく分かる結果ですが、今回は優勝者以外もそれをよく物語る結果となりました。

 

グロージャンとペレスが今季2回目の表彰台獲得。2人ともノートラブルで、トラフィックコントロールも上手くいき、終盤にヴェッテル、アロンソといったトップ集団を食う結果に。ヴェッテルとアロンソが博打に出た結果でもありますが、非常にクロスレースでした。

 

残念だったのが可夢偉。9位入賞したものの、チームメイトのペレスが2度目の表彰台という結果と比べると、悔しい結果です。ペレスとは真逆で、常にトラフィックに捕まってしまったのが残念でした。特に最初のピットストップ後にディ・レスタの後ろに入ってしまったのが致命的でした。

あすこでディ・レスタの前に出れていれば、3位か4位にはなれたのでしょうが、、、タラレバですね。

 

それにしてもハミルトンは嬉しそうでしたね。序盤、連続表彰台を続けながらも優勝出来ず、ここ数レースはチームのミスなどもあり、かなりのフラストレーションが溜まっていた印象でしたが、一気に鬱憤を晴らす結果となりました。

 

それにしても、カナダは毎回面白いレースになるのに、時差の関係上、日本で観戦するのは辛い、、、。

次はまたヨーロッパに戻ってヴァレンシア。日本ではゴールデンタイムのレースを楽しみにしたいと思います。

posted by TOSSY at 00:44 | 神奈川 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 世界最高のスポーツ F1

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。