2012年05月15日

2012 スペインGP決勝

マルドナード、まさかの初優勝!

2012 Spain

 

2人のチャンピオンに担がれたマルドナード。良い絵ですねぇ。そして羨ましい。F1の表彰台で聞いたことがない国歌が流れたのはいつ以来でしょうか。

 

今シーズン序盤の4戦や、昨年のモナコなどでも速さが印象的だったマルドナード。よもや、ここでポール・トゥ・ウィンを飾るとは誰が予想したでしょう。

ウィリアムズが今シーズン復調したとはいえ、この勝利には驚きました。ただ、レース内容は盤石で、文句のつけようの無い勝利でした。

 

アロンソはあと一歩届かず。ピットストラテジーがイマイチだった感は拭えず、ポールショットを活かすことができませんでした。決勝後のインタビューで珍しく文句を言っていましたが、周回遅れに邪魔されたのも痛かった。

 

キミは優勝も狙えるかと思われましたが、レース序盤でペースが上がらなかったのが残念。もしくはタイヤ的にコンサバで、ペースをあえて上げなかったのか。レース後半のペースを考えると、キミも「勝てた」レースだった気がします。

 

可夢偉は無難にスタートをまとめた後、ロズベルグなどに引っかかったものの、順調に順位を上げて5位入賞。予選9位という結果を考えれば、上出来でした。

一方で、今回のマルドナードや可夢偉の結果からも、予選から決勝のピットインを含めた戦略面も含め、すべてを完璧にこなさなければ、これより上のリザルトを求めるのは難しい事がよくわかりました。

今回も、ザウバーのピット作業は決して速かったとはいえず、予選でも可夢偉にトラブルが出てしまいました。車のアップデートは上々だったので、チームとしてのレースマネジメント力も向上してもらいたいところです。

 

今シーズン、5戦して5人目の優勝。ロズベルグに続いて2人目の初優勝。今年が以下に混戦かよくわかります。可夢偉にも今後の活躍を期待できそうです。

 

次戦はモナコGP。混戦のなか誰が制するのか、今から楽しみです。

posted by TOSSY at 01:33 | 神奈川 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 世界最高のスポーツ F1

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。