2011年10月13日

2011 日本GP決勝。とその翌日

セバスチャン・ヴェッテル2度目の戴冠!

2011 Suzuka

予選では辛くもポールでしたが、決勝はバトンに優勝を譲るも、ヴェッテルが2度目のワールドチャンピオンを鈴鹿で決めました。

正直、鈴鹿でレッドブルよりマクラーレンが速かったのは意外。ただし、ハミルトンはタイヤを使えずにズルズルと後退。バトンは実にタイヤの使い方が上手かった。

とはいえ、ヴェッテルも無理をセず、無事チャンピオンを決めたのは立派。2位以下とのポイント差が、今年のヴェッテルがどれほど圧倒的かを物語ってますね。

鈴鹿にはヴェッテルファンも沢山来ていたようで、とてもいい雰囲気でのチャンピオン決定でした。

 

可夢偉は予選がハイライトでした。鈴鹿でのアップデートがあまり実らず、Q3進出は厳しい状況でしたが、Q2でのアタックは実に見事でした。

特に、130RをDRSを開けた状態で、全開で駆け抜ける姿は圧巻でした。他のドライバーがQ3で走らなかった結果、グリッドが7位になったまでは良かったんですが。。。

決勝ではスタートでアンチストールに入ってしまい、入賞すら難しくなってしまいました。終盤にもう一回SCが入っていれば展開が変わったかも。。

残りのレースには期待したいところです。

 

日曜日の余韻が残った状態で、翌月曜日の祝日。横浜の日産本社で開かれたイベントに行って来ました。

 

なぜなら。。

 

DSC_0132
DSC_0132 posted by (C)TOSSY

 

生ヴェッテルに会えるから!

 

日産がInfinityブランドでレッドブルのスポンサーを務めている為、ヴェッテル他、ホーナー、ニューウェイや、BBC解説陣のブランドル、クルサードも駆けつけ、司会は川合ちゃんという超豪華メンバー。

ヴェッテルは川合ちゃん曰く、前日からのカラオケパーティで寝ていなかったとか。確かに眠そうでしたが、ジャケットをファンに投げ込むファンサービスなどもありで、とても盛り上がりました。

インタビューでも、一問づつとても丁寧に答えていて、川合ちゃんも褒めてました。あと、いつもどおり話しが長かったですw。

 

イベント終了間際には、帰り際のホーナーとニューウェイからサインもしてもらえました!

 

2人とも、とても長い時間を掛けて、一人一人丁寧にサインしていました。

ニューウェにサインをもらった際には、「Thank you、Adrian!」と声をかけたら、にっこり笑いながら「Thank you」と返してくれました。幸せ〜。

 

セブはあまりにファンが沢山来すぎていたので、サインはせずに戻っちゃいましたが、とても丁寧に対応していて好印象でした。

 

ロッシのサインをもらえた時も嬉しかったですが、この日も同じくらい幸せな一日でした。

 

 

残りは4戦。次戦は今週末に韓国。ヨンナムサーキットは面白いレイアウトなので、好レースに期待です。

posted by TOSSY at 01:36 | 神奈川 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 世界最高のスポーツ F1

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。