2011年09月17日

2011 イタリアGP 決勝

大分経っちゃいましたが、イタリアGPについて書いてみます。

2011italy

 

レース前、キャンバー角など色々あったレッドブルですが、蓋を空けてみれば、予選・決勝とヴェッテルが圧勝。挙句、チャンピオンシップ2位につけていたウェバーが、あろうことかリタイヤ。ドライバーチャンピオンシップは、実施的にヴェッテルで決まったも同然となりました。

 

それにしてもヴェッテル&レッドブルは速かった。。下馬評ではエンジン的にマクラーレン有利と思われていたにも関わらず、しっかりとダウンフォースをつけたセッティングで最高速が伸びない中、予選で2位以下をコンマ5秒も引き離す圧勝。モンツァでレッドブルに勝たれては、他チームはもう諦めざるを得ないでしょう。

 

ポイント的には、次戦シンガポールでチャンピオン決定とはならなそうですが、鈴鹿ではほぼ確実に決まるでしょう。残りすべて無得点でもチャンピオンになれる可能性が十分あるし。

 

今回のレースのハイライトになったのが、ミハエル。前回のスパから完全復活か?と思わせるようなレース内容。ダブルレーンチェンジなどで物議を醸したものの、5連覇した頃を彷彿とさせるようなハミルトンへのブロックは見ごたえがありました。展開に恵まれれば、表彰台もあるかも?鈴鹿が楽しみになってきました。

 

可夢偉&ザウバーは予想通り予選から大苦戦。決勝ではペレスと共に良い位置に付けたにも関わらず、2台ともミッショントラブルでリタイヤ。。ペーター・ザウバーはフェラーリに対して抗議していましたが、フェラーリの方は無事走り切れたので、ザウバーの車体にも問題があったのかも。

 

今レースでヨーロッパでのF1は終了。いよいよフライアウェイの後半戦突入。次戦シンガポールが終わるといよいよ鈴鹿です。ここのところ不運続きの可夢偉。復活に期待!

posted by TOSSY at 00:43 | 神奈川 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 世界最高のスポーツ F1

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。