2011年05月31日

2011 モナコGP決勝

ヴェッテル、モナコ初優勝&ポールトゥウィン!

2011 monaco.jpg

今年のモナコは例年になく、終始緊張感のあるレース展開で、見応え充分でした。

まず、ポールから1位をキープしてスタートしたヴェッテルでしたが、ピットでもたついた間にバトンが逆転。バトンはそもそも終始いいペースで走っていたので、ヴェッテルにピットのハンディがなくても、コース上でガチンコになっていたでしょう。

バトンがピットインした直後にセーフティカーが出てしまい、ヴェッテルが再度逆転。ヴェッテルは結局、そのまま1ストップ作戦を決行!終盤、2ストップのアロンソ、3ストップのバトンと再度ガチンコに。

結果的に、最終版で赤旗中断になり、全員タイヤ交換した結果、順位はそのままになりましたが、常に緊張感のある良いレースでした。

さらに緊張感を増幅させたのが、可夢偉!ヴェッテルと同じく1ストップを敢行。13位スタートから、前走車が次々にピットインし、気がつけば4位に。チームがピットに呼び込んだタイミングも絶妙でした。スーティルには先行されましたが、ミラボーでオーバーテイク!(接触して戒告にはなりましたが)

結果的には、赤旗中断により、後続のウェバーがタイヤ交換した為、トンネル出口で抜かれはしたものの、見事に5位フィニッシュ!相棒のペレスが予選の事故で負傷欠場した穴を見事に埋めました。特に、FPからセットアップが決まらず、予選も振るわないまま望んだ決勝だけに、この結果は凄い!これでチャンピオンシップポイントでもシューマッハを抜いて、10位。本当にこの後が楽しみです。

次戦はタイヤに厳しいカナダGP。可夢偉は去年、唯一と言って良い、自分のミスで落としたGP。今年は期待大です。

posted by TOSSY at 01:30 | 神奈川 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 世界最高のスポーツ F1

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。